歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科柏グレイス歯科医院

MENU

かみ合わせ・顎関節

TEMPOROMANDIBULAR DISORDERS顎関節症

顎関節症とは

顎関節症

「顎が痛い」「口が開きにくい」「音がする」などから、慢性的な全身疾患(頭痛・肩こり・耳鳴り)など症状としてみられます。これは、顎の関節や、顎を動かすときに使う筋肉などに異常が起こっているためです。

頭痛や肩こりが、顎の関節やかみ合わせの異常から生じるものだということを、患者さんご自身では気づきにくく、慢性的に悩まれている方も多いです。

当院では総合歯科診療を行い、顎関節やかみ合わせの治療を行っております。

顎関節症の原因とは

  • くいしばり、歯ぎしり
  • ストレス
  • 悪いかみ合わせ
  • 偏咀嚼
  • 日々の習慣
などが挙げられます。

顎関節症の主な症状

お口の症状
  • 顎の痛み
  • 口が大きく開けられない
  • 顎から音が鳴る
  • かみ合わせに違和感がある
  • 口を完全に閉じられなくなる時がある
全身の症状
  • 不定愁訴
  • 肩こり
  • 頭痛/めまい
  • いらいらする
  • 腰の痛み
  • ふらつき
  • 耳鳴り、痛み

どんな医療機関にかかっても悩みが改善されないなど、お困りのことがございましたら、一度当院でご相談下さい。

OCCLUSIONかみ合わせ

「かみ合わせの治療」とは

かみ合わせ

歯と歯の異常なズレを確認、改善し、お口の周りの筋肉・顎の関節に調和していくことです。

歯を失う原因の1位と2位は歯周病とむし歯です。
歯周病やむし歯にならないようにするために、予防と治療はかかせません。
それでは、予防と治療だけを行なっておけば良いというわけではなく、実は、歯を失う原因の3位は「かみ合わせ」の異常によるものと言われております。

例えば同じ歯ばかり詰め物が取れたり、痛みが出たりなどの経験がある方もいらっしゃるかと思います。1本の歯の治療がうまくいかないことが、根本的なかみ合わせのズレによる可能性もあるのです。

かみ合わせの治療って大事ですか?

全体の歯が均等に噛んでいる状態からバランスが崩れてしまい、強く当たる歯とそうでもない歯が出てきてしまうことをかみ合わせが悪いと言います。このバランスを治すことが大切です。
バランスが不均等の場合、同じ歯ばかり力がかかり、酷使され続けます。

  • 歯にヒビが入る
  • 歯が突然割れる
  • 歯に激痛が走る(神経が炎症を起こす)

などが起きてくる可能性もあります。
この状態の治療が、歯の神経を取る、抜いたりする、といった後戻りのできない治療をする他なくなってしまいます。

異常なかみ合わせの原因

異常なかみ合わせの原因は多くありますが、その一つに過去の治療が原因となっている場合もあります。
例えば、今まで詰め物や、被せ物を使って治療をした際に、「なんかかみ合わせが高いな」「いつもと違うな」と感じたことはなかったでしょうか?
その違和感に慣れてしまい、何の問題もないように感じてしまうことも多いのではないでしょうか?

この1本の歯がかみ合わせの原因になってしまうこともあります。
もちろん他にも原因はたくさんあります。

  • 抜けた歯、治療中の歯の放置
  • かみ合わせを考えていない矯正治療
  • 頬杖
  • いつも同じ方向で鳴る など

かみ合わせについてわからないことがあれば、お気軽にご相談下さい。

かみ合わせチェック
  • 歯がしみる
  • どこで噛んでいいかわからない
  • しっかり噛めていない
  • 顎が疲れる
  • 顔の左右差がある
  • 歯ぎしり、食いしばりがある
  • 過去に矯正治療を行なっていた
  • 顎から音がする
  • 口が開けづらい
  • 顎を開けると痛い
  • 肩こりがある
  • 頭痛がある
  • めまいがある

このような症状がある方は、一度ご相談下さい。

検査の流れ

1.問診
これまでの治療や、かみ合わせの問題箇所の確認などいたします。今後の治療計画を立ててまいります。
2.レントゲン撮影
骨や顎関節の状態をチェックしていきます。
3.顎の運動検査
顎の動き、どのくらい開くか、空いた時に音がしないかなどチェックします。
4.筋肉の検査
頭から首にかけて顎の運動に関係する筋肉を押して痛みの有無をチェックします。
5.歯の検査
直接お口の中を拝見します。それぞれの歯がしっかりと機能しているかなどをチェックいたします。
6.模型によるかみ合わせの検査
いつも噛んでいるあごの位置とのズレを機械を用いて診断していきます。
pagetop